紅葉 山派か庭園派か

| コメント(0) | トラックバック(0)

これは白山スーパー林道だと思うのですが

もう少しすると紅葉シーズンです。

澄み切った空気と山の雄大な景色と、

山の紅葉はもちろん好きなのですが、赤の鮮やかさや建築物とのとりあわせでは京都の庭園のほうが

感動したりします。

以前に今まで観た桜で1番好きなもので、吉野の桜か渡月橋かといったら渡月橋の景色

という人がいたのですが

私も同じ理由で乗鞍の紅葉か常寂光寺かといわれたら後のほうです。

もちろんどちらも捨てがたいのですが。

ただ、京都よりは白山スーパー林道という人もたくさんいるわけで

山の紅葉が好きなんだろうなと思います。

ちょっと 元気かなあ、落ち込んだりしてないかなあと言う時に品物を送るのは本人の希望を知らないと難しいので

郵便局に キテイちゃんが山の紅葉を観ている、そしてオルゴールが付いてて押すと 紅葉 の唱歌が流れるというのがあって

その音色で不覚にも泣きそうになりましたが

これなら受取もいらないし、飽きたら捨てれるし、確か山のドライブ好きだったはずと送りました。

ハガキではちょっとという時に郵便局のカードは便利です。DSC_0534.jpg

ポスターが可愛いので

しいのき迎賓館のテントだと思うのですが、月見光路もあわせて開催されます

去年はスタンプラリーを回ったのですが、今年はどんな感じでしょうか。DSC_0535.JPG

秋雨

| コメント(0) | トラックバック(0)

台風による影響で連休はずっと雨模様でしたが、人出も多くて2日間とも満室で誠にありがとうございました。

次の週末も飛び石連休ですが23,24がほぼいっぱいです。

最近は台風が次々と来てお天気の予報もたてにくくなって参りましたがイベントなど

盛況で終わってよかったです。

金沢駅にはもう金沢マラソンの垂れ幕がさがってますが10月22日はほぼ満室ですが23日は空き室ございます。

金沢は本日も雨模様ですが最高気温21℃と過ごしやすくなりました

 

 

そして、シン ゴジラ です

先の2冊の本のあとに この映画をみると これが今の日本なのだと。

単なる怪獣映画ではなく、まちがいなく3.11と原子炉を描いてます。

これは観るのが辛い方もいるだろうなと思います。

まるでジグソーパズルが立体的につながるようにいろんなことがわかるのですが。

ただエンディングで流れるゴジラの音楽でかろうじて娯楽映画気分を少し取り戻しました。

本当に原子炉は必要なのだろうか、観てよかったと思える映画でした。

 

これは、進水式までが詳しく書かれていてモノづくりの 大変さと大きな船を操る難しさがわかるのですが

大きなものをつくれば勝てるという単純な発想と

最後にはその大きさゆえにもてあましてしまう、大和もそうだったのですが

効率の悪さがわかります。その分飛行機を造ったところで負けてはいたのですが。

何よりも最後の数行に書かれていることの、かろうじて生き残った兵を秘密保持のため前線に送る残酷さがNHKのドラマで映像化されてましたが

あれは、こういうことだったのかと思いました。

残酷でない戦争などないわけですけども。

これを読むと 戦艦大和の最期 が平家物語などの格調高い軍記物と比べられるのがわかります。

でも、攻撃を全て受けて、他の艦を逃させる武藏の、映像にもみられる死闘

この本と合わせて言葉がありません。

暑くて暑くて、生きているのがやっとみたいだった今年の夏、

卓球の 愛ちゃん が本当に長くて苦しい戦いでした と言ってるのを見てうんうんと思ってしまう

夏でした。もちろんオリンピックは面白かったのですが。

少し涼しくなったので夏に思った事振り返りです。

二十四の瞳は 最初毎日新聞の映画紹介で知り、動画でさわりを観て、原作手にとりました。

そのたびに少しずつハマっていったというかより深く理解して行くことが出来ました

良質な記事を上げてくれた新聞に感謝です。

原作で数行のところが映画で印象深く撮影されてたり。

まっちゃんに奉公先で会うシーンでは、はっきりと感情を伝えれない子どもの様子や

学校を続けれなかったのにかんざしをさしてお給仕をしている姿にこの子の行末が暗示されてて

後年会った時には もうおてんとうさまの下で先生には合えない身なのですけどとというセリフが出て

何一つ悪くなく、生きるのに体と心を荒らされて、それでも懸命に生きている

人間の生き様があるのですが。

戦争で盲になる男の子、出征するところから描かれてて 田村高廣さんの若い時なのだと

やはり整った顔立ちはちょっとちがうなあと思ったり。

大石先生も戦後の食料難で子どもを亡くし、まともなお葬式も出来ないなかで

食料増産で植えられたかぼちゃで今でいうハロウイーンのかぼちゃのような飾りを提灯として作って

おもちゃと一緒に棺にいれるため、せめて子供らしいことで送りたいという気持ちで彫り物をしている様子など

鬼気迫る、そして泣ける情景です。

反戦がテーマだと思うのですが、次も 戦艦武藏 吉村昭 さん とこのような生活と同時に

三菱重工が長崎で造っていたものについてあげたいと思います。

 

 

本日から学会で満室でございますが16日金曜日は少し空き室ございます

そして週末から連休ですが今年も犀川河畔でライトアップイベントが。

去年の9月の記事に写真など載せてますのでごらんください。

お天気もちそうですのでお食事などで外出のさいは是非おでかけしてみて下さいね。

明日から9月ですね

本当に暑かった今年の夏、9月もまだ残暑、という感じですが少し涼しくなりました。

金沢は青空が広がり台風の風が少し吹いてて初秋という感じです。

ホッとして夏の疲れが出やすい時期ですし、台風などもたくさん来てますのでご自愛下さい。

9月、10月は連休、学会などでもう満室日をたくさん頂いているのですが。

また御予約お待ちしてます。

 

お盆の満室誠にありがとうございます。

暑いさなかの移動どうぞお気をつけて、

帰省のご親族の方のお宿に当てられたお客様の

美味しい朝食ありがとうのメッセージも頂きまして誠にありがとうございます。

話は変わりますが同時に放送されてる今回のオリンピックが本当に面白い、感動ものです。

始まる前は男子バレーでないし、遠いし、ドーピングあるしジカ熱だしと甚だ興味が持てそうにないと思っていたのですが

努力してきた方が報われる瞬間が嬉しいです。

まだまだ熱戦が続きますね。

東京に続くと思って観るからなのかいつもの倍くらい試合やTVに夢中です。

ホテル河口
〒920-0853
金沢市本町2-6-23
TEL:076-223-3155

最近のコメント

アイテム

  • DSC_0535.JPG
  • DSC_0534.jpg
  • DSC_0532.jpg
  • DSC_0531.jpg
  • DSC_0530.jpg
  • DSC_0511.jpg
  • DSC_0477.jpg
  • DSC_0527.jpg
  • DSC_0522.jpg
  • DSC_0519.jpg